こんにちは。
畑担当のブセさんです。

5/1にベータ版がリリースされて、ついにマルチプレイで遊べるようになったStardewValleyの話をするよ!
2分で終わるよ!

マルチプレイの始め方

Steamにベータ版のコードを入れたら、どーん!
マルチプレイの選択肢が!

29

ゲーム友達にInvite Codeを発行してもらって、参加。

35

さっそくキャラメイク。
髪型とか肌の色の選択肢が初期の頃より増えた気がする。

58

そして掘立て小屋からスタート。簡素な農具と身一つでやってゆくよ。

29

コミュニケーションのとりかた

なおゲーム内で意思の疎通はかれる要素ゼロなので
(クワもって追い回したりはできるけど、パッションでしか会話できない)
ゲーム開始時点でSkypeつないでました。

19

初めての共同作業

雑草、石ころ、雑木林を手分けして開拓してく。
1人だと2、3本木を切ったら
とっぷり日が暮れて
「何もしてないな…誰ともしゃべってないし…まあ寝るか!」
という森と共に暮らすニート生活が1週間くらい続いたけど、
手分けするのであっていうまに整地完了。

そこから先は
「じゃあ畑耕しとく~」
「鉱山いってきまーす!」
「町みてくるね」
という農業・鉱業・サービス業に分業がはじまって
農場は発展を遂げ、人が集まることでコミュニティが生まれ、インフラ整備、新規スタートアップ、仮想通貨の導入、市場を独占することにより抗争が生まれ、新技術を応用した武器の開発、技術協力を口実とした外交的な駆け引き、やがて局所的な紛争に政治や宗教が絡み、第一次StardewValley戦争がはじまるかどうかは知らんけど、とりあえず楽しくやっていきまーす。

共同作業で夜にやること

尚、畑担当だと体力全然使わないから、
ありあまるエネルギーを夜釣りにぶつけてるけど
ゴミしか釣れないよ! おしまい!

10

 

広告